2008年05月18日

受けきりました

 4日間の司法試験が今日で終了。
 とにかく「折れない心」と「前へ前へ」を自分に言い聞かせて、書ききってきました。
 学力的にしんどいのもさることながら、中一日挟んでの4日連続は体力的にも予想通りしんどく、さらに、切符3枚中の1枚を使っているというプレッシャーと前日までの結果が分からないままに受け続けるという状況から、精神面が一番しんどいものでした。
 正直、これは何回も挑めるものではないと思いました。ですから、「切符3枚であることのプレーッシャー」と書きつつ矛盾するようですが、回数制限はやはりいい制度だと思います(お金もないし)。
 今年の座席は、2名用長机の隣が、2・3年のクラスメートの中でも、一緒に長野まで出張教室にいった特に親しい友人。通路を挟んだ反対隣とそちら側斜め前は、1年の未修のクラスメートの中でも、普段からグルメ会をしてつるんでいる特に親しい友人。という非常に恵まれた環境だったので、平常心で臨むことができラッキーでした。
 エムなどには手ごたえが自分で分かる試験ではないので、発表までの期間、これまた精神的にしんどい期間になりそうです。


posted by エム at 00:00| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 新司法試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
合格を心よりお祈り申し上げます。
エムさんは非常に優秀なので、まずありえないとは思いますが、万一受験に3回失敗した場合はどのような進路を考えますか?
私は今年法科大学院を受験予定の社会人ですが、最悪の場合も考えておきたいと思っていますので、宜しければ参考までにお教えください。
Posted by RYO at 2008年06月10日 21:10
RYOさま
 コメントありがとうございます。試験である以上、そして回数制限がある以上、誰にでも起こりうるそのリスクは考えておくべきですよね(>_<)
 三振の場合の理想的第二の人生は、船舶免許を使って釣り船の船長とか、石垣島に渡って島らっきょ作りとか、現役引退後の夢を前倒して実現するというものですが、私の場合、3回受けるとそれまでの蓄えをちょうど、ほぼ使い果たす計算でして、元手がないと船も畑も買えませんから、これらは現実的ではないですね・・・
 収入を得てとにかく生活するためには、現実的には転職サイトに登録して就活して、サラリーマンに戻ることになると思います。
 その場合、前職から大きく条件が下がることになるでしょうから、この挑戦は失敗、ということになるでしょう。しかし、首都圏の雇用市場が現在程度に良好なままであれば、就職先がないとか、暮らしていけるだけの収入が得られないということはないだろう、くらいに考えています、甘いかなー^_^; でも、弁護士でも仕事がないかもと危惧されている状況なので、他の法律系士業を改めて目指すよりは、現実的かと考えています。
Posted by エム at 2008年06月10日 22:45
失礼かもしれませんが、エムさんて男性だったんですか?愚問ですが、これまでの書き込みや、特に3月3日の記事から、女性とばかり思っていました。
Posted by 天丼 at 2008年06月24日 21:27
天丼さま
 コメントありがとうございます。エムは、三十路の男性です!まさか、女性のブログと思われる可能性があるとは意外でした((+_+))
 たしかに、「三十爺さん」とか「おむこに行きたい(3月3日)」とかって書いてはいましたが顔出し・姿出ししたことありませんものね。
 確かにこれだけSWEETSなブログだと間違われますよね・・・ でも、エムはいまだかつて私ほど甘党の女性に御逢いしたことはありませんっ(笑)
 今後とも、不定期更新ですが、よろしくです!
Posted by エム at 2008年06月26日 17:16
試験の結果でましたか?
Posted by 通りすがり at 2008年10月05日 07:28

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。