2006年02月16日

冬学期試験第五日目「刑事訴訟法」

 事前予告どおり、昨年と同形式でした。
 第一問は、穴埋め問題。小問3つで、全15問虫食いに適切な語句を入れる問題。(1)は捜索・検証・鑑定関係、(2)は訴因関係、(3) は違法収集証拠についての文章でした。去年と同じだとするとここまでで30点。
 第二問は、事例問題。おそらく、接見交通・接見指定を中心とした問題!? というのは、エムの解釈で。。。 昨年の第二問が、 ほぼ論点1個のピンポイント出題であったこと、違法収集証拠については、第一問(3)で基本的な部分は触れられていたことなどから、 私は第2問の配点の半分以上は、接見交通・接見指定に当てられていると考えて、そういうウェイトで答案を作成したのです。他にも、違法収集証拠、 違法性の承継などなど関わっている論点は事例なのでいくつもあったのですが、 あくまで付随的な論点という理解であまり膨らませずにさっぱり処理したのですが。
 クラスメートに聞くと、この「ウェイト」が人によってまちまちで、ちょっとバッサリやりすぎたかなーと不安になって来ました。
 やはり、どういう論点をどのくらい書くべき問題なのか、を的確に把握できるようにならないといけないということを、 冬学期期末試験を通じて強く感じました。

続きを読む


posted by エム at 18:28| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ロースクール1年冬学期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

成田三兄弟

 さすがに民訴がピンチで、オリンピックを封印しているうちに、メロ選手の挑戦も終わってしまったようです。童夢選手ととも予選通過ならずとは、W杯とオリンピックで大きな差がある競技なんでしょうか。
 成田三兄弟といえば、小中学生の頃から実力・人気とも抜群、ウェイクボード&スノーボード界の本物でありながらアイドルみたいな存在で、 すごい兄弟がいるんもんだと思っていたのですが、あっという間に童夢選手が20歳、 兄弟でオリンピック出場なんて、「エムも三十路を悠に超えるわけだよ(-_-;)」と思いつつも感動していた次第。

 スポンサー問題とか、親との葛藤とか、怪我とか、 不思議と人生トラブルが降って来る時は一気に来るんですよね。二人とも大会前の報道の画面上で勝気に振るまっていたけど、 痛い辛いことを抱えてるんだろうなーと想像しつつ応援していたので、「本当にお疲れさまでした、ありがとう」と言いたい。童夢選手の競技直後の 「必ず次のオリンピックで!」という前向きなコメントに、また感動してしまいました。若くしてこれだけの苦難を乗り越えた先には、 一回り大きな輝きを放つチャンスがきっと訪れるはず。バンクーバーで、緑夢選手と三兄弟そろって空に舞う勇姿を期待しています。

posted by エム at 02:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

冬学期試験第四日目「民事訴訟法」

 珍しくリアルタイム更新です。(笑) 今日は、期末試験終盤戦「訴訟法シリーズ」の前半「民事訴訟法」でした。

 これまでの期末の実績等から「総じて、未修者は訴訟法系が弱い。」と先生方が分析しておられたのですが、 実体法よりも訴訟法の方がルールの規律として「わかりやすい側面」もあり、私以外にも訴訟法が好きという未修者は結構いて、 分析とのギャップを感じていました。
 しかし、いざ試験という段階になって、先生方の分析にすごく納得しています。

 未修者自身の理解の度合いについては、あまり実体法科目と訴訟法科目で差がないと思うのですが、いざその理解を文章で表現する段階で、 法律的な表現・作文に習熟している既習者と未修者の差があり、その結果、「より表現の正確さ」が求められる訴訟法において、 結果の差に繋がっているのではないか、と思うのです。

続きを読む
posted by エム at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロースクール1年冬学期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

パリット フワット

今朝のパン 一昨日ケーキのことは書きましたが、 景気付け企画第二段で同日こんなパンも買ってきていました。昨日は前のパンがまだあったので、今日胃袋に収まったところ。
 通学路の手押し信号の曲り角にある天然酵母パン屋さん「パリット・フワット」。毎日止まることになるので、ずっと気になっていたお店です。
 右が、シナモンを渦状に練りこんだパン。左が、栗クリームを練りこんだヘーゼルナッツパン。いづれも美味しかったですが、シナモンは多すぎで。 パリット ピリットって感じでした。更に、天然酵母パンってどうしても堅めですよね、よく噛むと味がでて美味しいのですが、 普段柔らかい菓子パンを食べているので、ちょっと馴染まない感じでした。

続きを読む
posted by エム at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

愛子天皇待望論

 建国記念日(紀元節)ですしたまにはこんな話題も。はっきり見送りになっちゃいましたね、皇室典範改正。小泉さん、後ちょっとだったのに惜しい! 明らかに在任中を目指して急いでおられたし、今の圧倒的勢いをもってすれば、郵政民営化同様(いい意味で)あれよあれよと言う間に、この一大事を片付けてくれそう、小泉さんならやってくれそうと期待していたので、残念です。
 憲法で男女平等を謳う国で、なぜ女性が天皇ではいけないのか。過去に女性天皇がいなかったと言うならまだしも、 女性天皇は実在して現にその天皇陵だって宮内庁は管理しているわけで(公式に認めているの意)。にも関わらず、 この時代に男系男子だなんてナンセンスだというのが基本的な思いなわけですが。
 巷でいくら男女共同参画をいい、首相が推進本部長を務めても、ここが変わらない限り、 この国はそもそも共同参画の土台ができてないってことになるのではないでしょうか。また、皇室が今まで以上に国民に親しまれていく為には、 男女平等の国の象徴として男系男子なんて廃止すべきかと。
 そういう発想であったならば、秋篠宮妃ご懐妊ニュースとは無関係に典範改正は進められるはずなのに、今回の改正論議は、 やっぱりそういう発想ではなかったんですねぇ。

続きを読む
posted by エム at 23:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

折り返し地点

ついさっきまでこの世に存在していたCake達 今日で今週の試験が終わりました、って金曜なので当たり前でしたね。
 全5科目中3科目終了。
 昨晩、夜中に商法を詰め込んでいて、「なんでこんなことしてるんだろう」とかなり泣きたくなってきてしまい。。。「いかん! このままではあと2科目持たない。」と思い、景気付けに好物のケーキを自分にプレゼントなのです。
 せっかくこういうとき食べるなら間違いないものをと思い、昨年鍋会に友達が買ってきてくれた地元の「ストレル」 というケーキ屋さんに帰りがけに足を伸ばしてみました(というかケーキ屋さんが閉らない時間に自習室を切り上げたというのが正しいのですが)。 ロールケーキで一切れ400円と高級でしたが、それだけのことはありどれも花マル・二重マル、バタークリーム万歳\(^o^)/って感じでした。 これは全種類制覇しないといけないお店ですね。
 気がつけば今年に入って初の「まともな」ケーキ(→学食の100円ケーキを除くの意)。我ながら倹約してるなー、 えらいえらい(^○^)
 で、すっかりさっぱり前半三科目のことは忘れて、来週火曜日民訴と木曜日刑訴の6単位GETに向けて気を取り直して頑張りたいと思います。

posted by エム at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まんま(冬学期試験第三日目「商法」)

教授「はい、止め。ペンを置いてください。」

まんま

右隣のクラスメート「まんまでしたねー」
前列のクラスメート「まんま、まんま。」
エム「???」(確かにうちの洗面所のタオル掛けはまんまちゃんですけど・・・・)

エム「で、何が『まんま』なの?」

クラスメート「学部の先生の過去問そのまんまでしたよね。」

エム「そっ、そうなんだ。ちなみにどの問題」

クラスメート「大問2と大問3」

エム「ダッシュ(走り出すさま)

 すべては学部過去問まで手が回らなかった自分の責任。
過去問をやっていた人とは大きな差が着いてしまいましたね。民法3も過去問と重複した出題であった情報が入っていますし、 基本として押さえていくべきポイントは決まっているということなのか。ちなみに、今日の「同じ問題」度は、一言一句違わぬレベルだったそうです。 はぁ。

続きを読む
posted by エム at 15:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロースクール1年冬学期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

冬学期試験第二日目「民法3」

 今日は、2日目「民法3(債権総論・担保物権)」でした。
 隣の席になったクラスメートが、「どうですか?もう、たっぷり寝ちゃいましたよ。」と話し掛けてくれたので、内心(やったー、仲間だぁ〜) と思って、「一緒一緒、14時間も寝ちゃった、やばいよねー」と言ったら、一言「寝過ぎです」と返されました。
 仲間じゃなかったのね(;_;) 、、、、イッタイ貴方の「たっぷり」は何時間だったのですか・・・

 さて、内容は、大問が二問。一問目が、不動産二重譲渡の登記を経た第二譲受人に第一譲受人が法律上いかなる主張をできるかという問題。 あんまり書くとボロが出ますが、177条のお話がメインではなく、債権者取消権ルートの主張を破産法を絡めて処理とか、 債権侵害ルートの主張等々。。。ってことらしいです。
 二問目は、えーーーーーーーーーーーーーー。今ブログるのに問題文見返して発見!(2)で抵当権実行されたのって「建物」だったんですね。 すっかり土地だと思い込んで解答してしまった。どうりで試験後の会話がみんなと噛み合わないわけだわ。確かに、 変に最後だけ簡単な問題出すなーって思いながら書いていたんですけどね(だったら気づけよって感じですよね)。配点の4分の1消滅?!

 いろいろ、細かい感想書くつもりだったのですが、一気にそんな気分(事態)じゃなくなったので、今日はこんなところで。あっ、二問目は、 土地家屋両方に抵当権がついている事例の差押・物上代位・法定地上権ってあたりでした。

 ショック、でか過ぎがく〜(落胆した顔)。やっぱ、終わった科目見直すのってよくないですね(そういう問題なのか・・・)、今日ももう寝よっと (更にそうじゃないだろ・・・)、みなさん試験問題はよく読んで答えましょう(それは私だろって・・・)

 再履修だけは、いやだ〜〜〜

posted by エム at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ロースクール1年冬学期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

14時間

 えっ、自慢するほどの時間じゃない?
 テスト期間中の試験と試験の間の一日くらい、ロースクール生として当然にこのくらいの時間勉強して当たり前だって?
 まったく、ごもっともなご意見です。。。でもやっぱり言いたい14時間。
 ズバリ、こんなに寝てしまいました、、、昨夜〜今朝の睡眠時間。もうはっきり言って異常・・・。

 昨日は、試験初日で緊張したせいか疲れて、夜全然文字が頭に入ってこないので、「早く寝て今日朝7時から頑張ろう」と、 夜更かし族の私にしては珍しく22時に潔く布団の中へ。

 今朝7時に目覚ましを止め、「よし起きれた!頑張るぞ。」と伸びをしているところを目撃されていたのですが、正午現在、布団の中で目覚まし3つを抱きかかえたの無残な寝巻き姿(笑)でいる所を発見された次第。。。。(って、なぜかもう一人の自分モード)

 絶望的なビハインド。とりあえず、今日は夜更かしの悪循環に逆戻りです。。。民法、民法。

posted by エム at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

始まった!(冬学期試験第一日目「行政法」)

 とうとう、冬学期の期末試験が始まりました。
 今日の東京地方はこれから雪と言う予報が出ているくらい寒く、そして、寒い寒い学部の31番という大教室だったので、手が悴んでなかなか思うように字が書けませんでした。
 って、いきなり書けなかった言い訳かいっパンチボカッ、しかも試験内容にまったく関係ない言い訳(ハハハ・・・笑ってごまかして見たりして)。
 いや、ほんと寒かったです。教室も出題も。
 最後の講義で、「行政救済法は直接は問わない」っておっしゃったのに、たった一問の大問が「この場合に、どのような訴訟を提起することが考えられるか。」ってフリーズしますよね。。。

 出題は、新司法試験を意識した形式(プレテスト形式っぽいもの)の大問が1問と、第二問は、行政上の強制措置に関する小問。
 大問は不法在留外国人で、外国人登録はしている人に対する国民健康保険の被保険者証交付に関する問題でした。質問は上記のようなものでしたが、ただ、内容を見ていると実に論点てんこもりで、とてもとても書き切れませんでした。昨年度の「住民登録・外国人登録研修」で講師に説明していただいた「不法在留外国人に対してなぜ外国人登録を認めるか」という点について、思いっきり横道に逸れて書きたくなる衝動にかられましたが(※注:決してそういう論点の出題ではありません、念の為)、まったく横道に逸れる時間がなく。。。夏学期の「日常家事債務」の二の舞になるところだったので、そういう時間がなくて、むしろ助かったかも^_^;
まだまだ、続く言い訳であった・・・
posted by エム at 18:08| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ロースクール1年冬学期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。